犬猫 無添加手作り冷凍ごはん

犬猫 無添加食材(冷凍肉 生肉)

犬猫 無添加おやつ&ヤギミルク

犬猫 ペット用サプリメント・ペットケア用品

--
--
--
--

飼い主さんも一緒に食べられる、安心・安全な馬肉

馬肉ぱらぱらみんち



おいしいお肉を食べさせてあげたい!
アレルギーがあるけど、やっぱりお肉を食べさせてあげたい!


愛犬・愛猫のアレルギーや皮膚病、ダイエットで悩んでおられる飼い主さんのために、獣医師:日置恵利子が、飼い主さんも一緒に食べられる、安心・安全な馬肉を紹介します。
もちろん完全無添加!
人間の食品として作られている無添加ものですので、飼い主さんももちろんたべていただけます。わんちゃん・ねこちゃんには、生のままあげても安心できる馬肉です。


馬肉について

馬は体内のバクテリアが繁殖しにくいという特徴を持っていて生のまま食べても安全な食材です。馬肉の生肉には筋力アップ、運動機能の向上に重要なグルタミン等のアミノ酸が多く含まれています。普段の食事でなかなか取り入れることの出来ない成分を生肉で補うことも大切です。

アレルギー・皮膚・被毛でお悩みの方に朗報

馬肉は食物アレルギーの原因になりにくい消化の良いたんぱく質です。 さらに、馬肉には牛豚肉に比べてリノール酸やリノレン酸が多く、皮膚・被毛の健康にかかせませんし、血中コレステロールを下げる作用があるため、血管を丈夫にして血液循環を良くする働きがあります。また、毛づやの改善や皮膚代謝の改善に効果的な天然のミネラル分も豊富です。

ダイエット効果も抜群!

馬肉は嗜好性がよく、消化の良いたんぱく質です。 牛肉・豚肉などの一般的な食肉の平均的な脂肪分は16%であるのに対し、馬肉は10%程度。低カロリーで、なおかつコレステロールを下げる作用があるので、健康的な体づくり、ダイエットには抜群のお肉です。しっかり食べて美味しくダイエット。魔法のような食材です。


こんな子に食べてほしい おすすめ!
 ・全犬種・全猫種・体重の気になる子
 ・アレルギーのある子
 ・毛づや・皮膚の状態の良くない子


食べ方例

 ・そのまま食べる。 (できるだけ生食で与えてください)
 ・ドライフードにトッピング。
 ・手づくりご飯にトッピング。
 ・ご飯・パスタ・うどんにトッピング。
 ・スープ(だし汁)ご飯、野菜を加えてひと煮立ちさせればリゾットに。
 ・ハンバーグや肉団子の具材に。
 ・サプリメントをふりかけて。



わんにゃんレシピ集で手作り食の作り方例を紹介しています

※ 初めて食べる時は、消化不良による下痢や嘔吐をする事があるかもしれません。初めは、少量から、徐々に量を増やしていくようにしてください。 その子の好みや体調に合わせて量を加減して食べさせてあげてください。


保存方法

必ず冷凍庫で保存してください。開封前1年は新鮮なお肉としてご利用可能です。
出来るだけ使う量をその都度解凍してご利用ください。
開封後は、出来るだけ早くご利用ください。

※ 解凍しすぎると、肉汁とともに栄養成分がでてしまいますので解凍しすぎないようにお気をつけください。


栄養成分値 100gあたり
エネルギー たんぱく質 脂質 灰分 水分 カルシウム
110kcal 20.1g 2.5g 1.0g 4.3mg 76.1g 11mg


ご注文

馬肉ぱらぱらみんち

(内容) 馬肉100% (カナダ産)
(内容量) 100g   (使い安く4つに小分け)


700円 (本体666円)


--