犬猫 無添加手作り冷凍ごはん

犬猫 無添加食材(冷凍肉 生肉)

犬猫 無添加おやつ&ヤギミルク

犬猫 ペット用サプリメント・ペットケア用品

--
--
--
--

犬猫ペットのための食べ物栄養辞典

▼目次
穀類|野菜類|キノコ類
肉類|油脂|魚類
海藻類|卵類|乳類|大豆加工食品|種実類|スパイス
海藻類
栄養学的な特徴 ポイント
ひじき 豊富な食物繊維が腸内をきれいにし、便通を促します。
含有するヨード(ヨウ素)が、甲状腺ホルモンの分泌を促すので、甲状腺機能亢進症の子には避けましょう。
わかめ 注目したいのは、ぬめり成分のアルギン酸やフコイダンなどの多糖類。 ペットには消化しづらい食材なので細かく刻んで、あるいはミキシングしてあげましょう。


卵類 栄養学的な特徴 ポイント
鶏卵 8種類の必須アミノ酸を含む理想的なたんぱく源。
卵白にはビタミンHを破壊するアビジンという酵素が含まれるため、過熱してからあげること。卵黄は生のままでもOK。


乳類 栄養学的な特徴 ポイント
チーズ お乳を濃縮してできた食品なので、栄養価がたいへん高いのが特徴。
栄養的にはすぐれていますが、コレステロールや塩分が多いので、あげる量は少なめに。
ヨーグルト お乳を発酵させてできたもので、中に含まれる乳酸菌の働きによって、胃腸にやさしい食材であるのが特徴。 ヨーグルトには、下痢を起こす原因になる乳糖が含まれないので、乳製品をあげたい時には、まずはヨーグルトから試すといいでしょう。
山羊乳 消化吸収が早いため、胃腸に負担をかけることなく、豊富な栄養素を吸収できます。 アレルギーを起こさないβ-カゼインで構成されているため、牛乳による乳糖不耐症やアレルギーを持つペットにも安心してあげられます。


大豆加工食品 栄養学的な特徴 ポイント
豆腐 良質のたんぱく源で、しかも消化が良いのが魅力です。
中に含まれるダイズオリゴ糖が、腸の働きを整えてくれます。
おから 食物繊維がたっぷり含まれるので、便秘予防に効果的です。 カロリーが控え目なので、ダイエット時の栄養補給におすすめです。
豆乳 ダイズたんぱく質、ダイズオリゴ糖、イソフラボン、鉄が豊富です。 豆乳は味が独特で濃厚なので、慣れないペットには少量ずつからはじめてみましょう。


種実類 栄養学的な特徴 ポイント
ごま 抗酸化成分のゴマリグナンが活性酸素を除去する働きをします。
粒のままでは消化吸収されにくいので、使う直前にするようにしましょう。
また、ゴマリグナンは炒ることによって抗酸化力がアップするので、炒ってからするのが一番です。


スパイス 栄養学的な特徴 ポイント
うこん 肝機能を助ける生薬として、古くから利用されてきました。
有効成分である黄色色素のクルクミンには、利胆作用、肝臓保護作用、抗酸化作用、抗ストレス作用があります。
時々、料理の中に加えてあげたり、お水の代わりにうこん茶を飲ませてあげるといいでしょう。
ローズマリー 精神面でリラックス効果をもたらす強壮作用に優れています。
他に、利尿作用、胆汁分泌促進作用、発汗作用、健胃作用があります。
香りが強いので、ペットの反応をみながら使う量を決めましょう。その日その日で、ペットの体調に合わせてハーブチョイスできるといいですね。

▲ページのトップへ
--