--

手作りっていいね症候群におくる!

Dr.えりこのわんにゃんレシピ集
--

2006.03.25 update

わんにゃん★ハンバーグ&コーンクリームリゾット

わんにゃん★ハンバーグ&コーンクリームリゾット

少し豪華に見えて、実はとっても簡単なハンバーグの作り方をご紹介します。

ハンバーグは、わんちゃん・ねこちゃんが苦手な食材も簡単に食べさせられる秘密のメニューです。 お野菜が苦手な子、お魚が苦手な子、なんでも大好きな子にぴったりなメニューです。 人間も大好きなハンバーグを簡単にわんちゃん・ねこちゃん用にアレンジしてみましょう。  さっ やってみよう!

材料

ミンチ肉(なんでもOK)

ピーマン

にんじん

えのき

青梗菜

たまご

チーズ

とうもろこし

ご飯

やぎみるくぱうだー

大地の恵みor健康MIX

作り方

1

お肉をしっかり粘り気がでるまでこねる。
使うお肉は、わんにゃん馬肉・わんにゃん鶏肉・わんにゃんラム肉・わんにゃん鶏すり身・合びきミンチ・鶏ミンチ、なんでもOKですよ♪

2

ピーマン・青梗菜は、みじん切り。にんじんは、すりおろして水気を切る。えのきは消化しにくい場合もあるので、できるだけ細かく切る。
青・黄・白でカラフルだよ♪

3

(1)の中に(2)で処理したピーマン・にんじん・えのきを入れる。
さらに、溶きたまご少々、サプリメント(健康MIXor大地の恵み)を入れてしっかり混ぜる。
こねて、こねて、しっかり混ぜ込んでね♪

4

しっかり熱したフライパンにオリーブオイルをひく。
油の飛びはねに注意してね♪ごま油でもいいよ♪良質のものを選んであげてね♪

5

(3)でつくったハンバーグのたねを食べやすい大きさにまとめて焼く。
ワンちゃん用なら、ゴルフボールぐらいの大きさでいいんじゃないかな♪

6

両面に軽く焼き色がつけば、最後に少量のとろけるチーズを乗せ、お皿に移す。
チーズ等の乳製品、少量ならペットにだってあげていいですよ♪

7

ハンバーグを焼いたフライパンで(3)の残りの卵でいり卵を作り皿に移しておく。
最後、ご飯に混ぜるよ♪

8

とうもろこしとわんにゃんやぎみるくぱうだー、お水をフードプロセッサーにかける。
フードプロセッサーがなければ、とうもろこしを細かくきざんであげて♪そのほうが消化しやすいから♪

9

(8)をおなべに移し、青梗菜を入れ、ひと煮立ちさせる。
(2)で処理した青梗菜は、ここで使うよ♪

10

(9)の中にご飯を入れ、ひと煮立ちさせる。
消化しやすいように、おじや状にするよ♪

11

(10)の中に、いり卵を混ぜ、お皿に盛り付ける。
(7)で作ったいり卵、ここで登場です♪

12

最後にハンバーグを飾る。
ハンバーグを上にのっけるだけで、一気に高級感がアップです♪

どくたーえりこのコメント

できあがり♪

とうもろこしは、消化が苦手な子のために、フードプロセッサーにかけました。
えのきは年中お安く手に入るきのこです。食物繊維やビタミンB2が豊富!
たくさんお野菜を食べさせてあげたいときは、ハンバーグに混ぜ込むときにすりおろすと簡単ですよ!もちろん、にんじんは皮をむかなくてもOKです!

今回のレシピは、いかがでしょうか?
このレシピ通りに作らないといけない!ではなく、自分のおうちにある材料でアレンジして、あなたのメニューに仕上げてください。
そうすれば、手作りご飯なんて簡単ですよ!
あなたの大切な家族のために、美味しいご飯を作ってあげてください。

<追加コメント>
最後に、裏技を紹介!
ハンバーグをこねるとき、手が汚れて嫌な人必見!

ビニール袋にミンチとお野菜などを入れて空気をなるべく抜き、しっかりと口を閉めもむのです。
そうすれば、手が汚れずにしっかりと全体を混ぜることができます。
最後に、袋の片方の端をカットし、絞り出し袋の要領で食べやすい大きさの分量を搾り出せばOK!絞り出したものをまとめるだけであっという間にハンバーグだねの出来上がりです!



<Q&A>
ねぇねぇ どくたーえりこぉ、
えのき以外のキノコ類もあげていい?(^O^)/


はい。お答えします(*^_^*)

もちろん、いいですよ。
きのこって、案外くらーいイメージの存在だけど、けっこうおくが深い。
えのき、エリンギ、しめじ、しいたけ、なんでもOKです。
今回使ったのは、えのき。エノキタケのエキスは、各種のがん予防に有効だということもわかっていますよ。

栄養成分としては、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシンが豊富です。

--
-
犬猫ペットのための食べ物栄養辞典
愛犬愛猫の食事について意見交換|わんにゃんけいじばん
-